カーボンニュートラルとは

カーボンニュートラルという言葉をご存知でしょうか。このカーボンニュートラルを直訳すると炭素と中立とになります。炭素が中立だと意味がわかりませんよね。カーボンニュートラルは、環境中の炭素循環量に対して中立という意味で使われている言葉になります。

炭素で最も身近な物は二酸化炭素だと思います。二酸化炭素は、近年温暖化の元凶として語られる事が多く、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの代表として語られる事が多いガスです。地球温暖化を防ぐためには、この二酸化炭素のような温室効果ガスを減らす働きを世界のみんなで行っていく必要があります。特に日本は世界第四位の二酸化炭素排出国ですので努力が必要になります。そこで重要になってくるのがカーボンニュートラルなのです。

カーボンニュートラルは、植物由来のバイオマス燃料を使う事で二酸化炭素の量を増やさないような性質の事です。バイオマス燃料をしっかりと使用する事によって二酸化炭素を増やさずに地球温暖化を抑制する事ができるのです。

また、カーボンニュートラルは、植林や自然エネルギーの導入などによって、二酸化炭素を使用しないようにする事も含まれます。とにかくカーボンニュートラルの取り組みは二酸化炭素を増やさない働きの事全般を言うのです。こちらのページでは、まだあまり馴染みの少ないカーボンニュートラルの基礎知識をご紹介して行きます。今後、カーボンニュートラルは、はメインストリームになる可能性があるのでしっかりと確認しておいてください。