バイオマス発電

バイオマス発電は、カーボンニュートラルという二酸化炭素を増やさないため、温暖化防止を意識した発電であり、地球にとっても優しいエネルギーの一つになります。バイオマス発電は、建築廃材や製材廃材などであったり、植物からとれるバイオエタノールや、バイオガスなどを燃料にして発電しています。

このバイオマス発電は、廃材やゴミや植物などから作られていて、石油などを必要としないため、二酸化炭素を排出しないというだけでなく、廃材などの資源を有効活用しています。バイオマス発電のメリットは、再生可能エネルギーであったり、純国産エネルギーであるために、海外からの輸入に頼らない点、地球の限りある資源を有効活用できる点などがあります。

しかし、2017年の3月現在において、バイオマス発電には今後改善すべき問題点もあります。例えば、建築廃材や製材廃材などのバイオマス資源を効果的に集める手段が確立されていなかったり、バイオマス資源を確保する為に食用の作物が減る可能性なども懸念されております。徐々にバイオマス発電が増えてくれば、このような問題点も徐々に改善していくと言われております。日本は二酸化炭素排出国として責任ある立場にありますので、カーボンニュートラルの流れは加速して行くと思われます。