未分類

バイオマス燃料

現在でも太陽電池、風力発電などは有効活用されておりますが、石炭や原子力などの主力エネルギーなどがあってこそであって、太陽電池、風力発電が石炭や原子力を利用としたエネルギーの代りになるのはまだ先の話だと言われております。そんな時に注目を集めているのがカーボンニュートラルとして有名なバイオマスです。

バイオマスは、棄物系バイオマスと未利用バイオマスの二種類に分けられ、何かに利用した物をバイオマスとして再利用する場合には、棄物系バイオマスになります。棄物系バイオマスには、髪や下水汚泥なども含まれております。これに対して未使用バイオマスは蕎麦や稲藁、籾殻など畑や田んぼから出てくる物が多くなっております。

バイオマスの中でもバイオマスエタノールに注目が集まっております。このバイオマスエタノールは、サトウキビやトウモロコシから作られており、石油までとは行きませんがガソリンの約三分の一の燃焼効率があります。現在は、トウモロコシはアメリカから輸入されていて、サトウキビはブラジルからの輸入になっております。現在では、バイオマス資源を採取するのに化石燃料を使っていることもあり、まだまだ問題はありますが、徐々に改善されていくと思われます。

未分類

バイオマス発電

バイオマス発電は、カーボンニュートラルという二酸化炭素を増やさないため、温暖化防止を意識した発電であり、地球にとっても優しいエネルギーの一つになります。バイオマス発電は、建築廃材や製材廃材などであったり、植物からとれるバイオエタノールや、バイオガスなどを燃料にして発電しています。

このバイオマス発電は、廃材やゴミや植物などから作られていて、石油などを必要としないため、二酸化炭素を排出しないというだけでなく、廃材などの資源を有効活用しています。バイオマス発電のメリットは、再生可能エネルギーであったり、純国産エネルギーであるために、海外からの輸入に頼らない点、地球の限りある資源を有効活用できる点などがあります。

しかし、2017年の3月現在において、バイオマス発電には今後改善すべき問題点もあります。例えば、建築廃材や製材廃材などのバイオマス資源を効果的に集める手段が確立されていなかったり、バイオマス資源を確保する為に食用の作物が減る可能性なども懸念されております。徐々にバイオマス発電が増えてくれば、このような問題点も徐々に改善していくと言われております。日本は二酸化炭素排出国として責任ある立場にありますので、カーボンニュートラルの流れは加速して行くと思われます。

未分類

カーボンニュートラルとは

カーボンニュートラルという言葉をご存知でしょうか。このカーボンニュートラルを直訳すると炭素と中立とになります。炭素が中立だと意味がわかりませんよね。カーボンニュートラルは、環境中の炭素循環量に対して中立という意味で使われている言葉になります。

炭素で最も身近な物は二酸化炭素だと思います。二酸化炭素は、近年温暖化の元凶として語られる事が多く、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの代表として語られる事が多いガスです。地球温暖化を防ぐためには、この二酸化炭素のような温室効果ガスを減らす働きを世界のみんなで行っていく必要があります。特に日本は世界第四位の二酸化炭素排出国ですので努力が必要になります。そこで重要になってくるのがカーボンニュートラルなのです。

カーボンニュートラルは、植物由来のバイオマス燃料を使う事で二酸化炭素の量を増やさないような性質の事です。バイオマス燃料をしっかりと使用する事によって二酸化炭素を増やさずに地球温暖化を抑制する事ができるのです。

また、カーボンニュートラルは、植林や自然エネルギーの導入などによって、二酸化炭素を使用しないようにする事も含まれます。とにかくカーボンニュートラルの取り組みは二酸化炭素を増やさない働きの事全般を言うのです。こちらのページでは、まだあまり馴染みの少ないカーボンニュートラルの基礎知識をご紹介して行きます。今後、カーボンニュートラルは、はメインストリームになる可能性があるのでしっかりと確認しておいてください。